ごあいさつ

岡山市東区瀬戸町の『岡山障害年金サポートオフィス』は、障害年金の受給・請求の手続きを代行いたします。私は岡山市中区福祉事務所年金専門員として、うつ病・統合失調症といった精神疾患や人工透析、脳出血などあらゆる傷病の方々の障害年金申請や審査請求をサポートしてきました。豊富な実務経験を有しておりますので、お気軽にご相談ください。 

岡山市東区瀬戸町で障害年金の申請を専門にしております、社会保険労務士の坂口 晃(さかぐち あきら)と申します。

私は、岡山市役所で4年間国民年金課職員として在職した経験があり、また、岡山市の福祉事務所に年金専門員(非常勤嘱託)として3年間勤務いたしました。

これまで、対面と電話を合わせれば5千件を超える、年金に関するご相談を受けてきました。 中でも福祉事務所勤務中に障害年金のご相談をされる方は、「お金がない・・」という経済的に非常に厳しい状況にある方がほとんどでした。

病気やケガで働きたくても働けないと、精神的にも、肉体的にも大きな負担になります。そこで、障害年金という「お金の不安を少しでも安心に変えて、治療に専念していただく」制度があります。今は、インターネットや書籍などで障害年金の制度自体は広く知られるようになりました。

かし、実際に申請しようとした時、かなり複雑な手続き(越えなければならない壁)があります。

主なもので「受給要件の確認」「初診日の証明」「診断書の依頼」「公的証明書の取得(戸籍や住民票など)」「病歴・就労状況等申立書などの提出書類の作成」「障害年金請求書の記入」などがあります。

障害年金請求については、年金事務所や市役所等の行政の窓口の方も、受給要件の確認や手続きに必要な案内は当然に教えてくださいます。しかし、あくまでも全てを揃えて請求できる状態にするのは、あなたご自身であり、年金事務所や市役所等の行政の窓口の方が、あなたの代理人になってくれることは決してありません。そこで、悩ましい問題が起こってまいります。

「自分で申請した方がいいのか?それとも専門家に頼んだ方がいいのか?」

 何事もそうですが、それを仕事にしている人に頼めばそれなりの費用はかかります。しかし、任せることで、精神的、肉体的なご負担を軽減できたり、それまでの時間と手間が省けるなどの利点があります。

障害年金の申請も同じことが言えると思います。ご自身でされるのか、それとも社労士に任せるのかの選択はご自身で決めていただきますが、今までに年金業務に携わった経験から申し上げますと、お金のことや申請後の結果など、いろいろとお一人で悩まないといけない方もおられます。

こうした状況の人は、障害年金専門の社労士に相談することで、精神的、肉体的なご負担が軽減できると思います。

私の知識と経験をぜひ利用していただき、障害年金でお金の不安を少しでも安心に変えましょう。当オフィスでは、初回の相談料はいただきません。私は公的機関の年金相談窓口で働いていましたので、「相談料無料は当たり前」という思いは今でも変わりません。当オフィスのサポートが、ご相談者の「障害年金受給」への一助となれば幸いです。  

 『障害年金』をあきらめていませんか?

                           経験豊富な社労士が

                          責任を持って対応いたします。