障害年金の申請はお任せください


障害年金申請前に準備すること

◆ 初診日における年金加入・保険料の納付状況を確認(国民年金保険料については、納付日等も要確認です)

◆ 障害認定日における障害の状態を確認(日常生活での支障度や労働能力の制限度合などについてです)

◆ 「受診状況等証明書」(初診日の証明)を医師に作成してもらう(傷病の確定診断を受けた病院ではありません)

◆ 「診断書」を主治医に作成してもらう(医師に現在の状況を十分お伝えし、診断書に反映することがポイントです)

◆ 「病歴・就労状況等申立書」に必要事項を記入(診断書等医証との整合性を保つ必要があります)

◆「現況申立書」(任意様式)を作成(日常生活の支障度や困難さなどについて申し立てをする)

書面審査

障害年金の申請を行うと、日本年金機構で審査が行われますが、医師を含めた審査担当者と申請者との面接などはなく、一切が提出した書類の内容だけで判断されます。 

1⃣診断書の重要性

申請書類が、審査担当者に障害の状態を十分に伝える内容になっていることがとても大切です。中でもカギを握る書類は医師が作成する「診断書」です。

2⃣診断書との整合性

申請者が作成する「病歴・就労状況等申立書」の記載内容が、診断書と整合性が取れている必要があります。

3⃣診断書の依頼とチェック

審査は書面審査(原則)です。この書類の中で、最も重要視されるのが、医師が作成する診断書です。診断書の記載内容により、障害の程度、日常生活の困難度、社会性、労働能力などが総合的に判断され、障害年金の支給、不支給や障害等級の決定が行われます。

4⃣病歴・就労状況等申立書の作成

申立書は、診断書や受診状況等証明書(初診証明書)とともに障害年金の申請には不可欠な書類です。この書類は、日常生活や労働能力等について、自分自身の状況を申し立てるものですが、診断書との整合性を図ることや記入上のルールもあり、経験がないと適切な書類を作るのは困難です。

5⃣現況申立書の作成

病歴・就労状況等申立書の書式では、日常生活の支障度(困難度)を十分に記載することができません。特に精神疾患に係る申請においては、審査のポイント(日常生活能力の判定)に応じた申立書(任意書式)の作成が必要不可欠です。

病歴・就労状況等申立書は、本人が自分の障害の状況や、障害があることによって起こっている日常生活や仕事上の困難さを訴えるためのものです。どのくらい仕事に支障があるのか、誰が読んでも理解できるように書く必要があります。

  

記入のポイント

1.見やすい、わかりやすい字で書き、読む側の立場に立って作成します。

2.医学的・専門的な文言で記載する必要はありませんが、必要事項を漏らさず、簡潔に要領よく、具体的に書きます。

3.病歴・就労状況等申立書は、障害が日常生活や仕事に与えている影響(支障度・弊害)を具体的に書きます。なお、日常生活について、生活の困窮をいくら訴えてもダメです。必ず、日常生活及び労働能力についての支障度を記入してください。(※年金制度は社会保険であり社会保障とは異なるため)

 ※具体的とは⇒数値で示す、エピソードを織り交ぜるなど

 例えば、具体的な作業名を挙げて「前にできていた○○が今はできない」と書くとか、勤務時間や日数などの数字を使ったりするといいでしょう。

 (ダメな例)病気の治療をしながら仕事をしていて、仕事量を減らしてもらってなんとか仕事ができているものの辛い。

 ⇒事量の比較数値を具体的に記入すること。

 (良い例)今までは○○作業をしていたが、病気のせいで起こるしびれのために負荷の軽い●●作業しかできなくなった。

 病気になる前と比べて割くらいしか働けない。

(良い例)今までは連続して○○分作業ができていたが、抗がん剤の副作用で疲れやすくなり、連続●●分しか働けなくなっ

 た。

4.日付についても、○年○月○日というように具体的な日付が書ければ、より説得力が出ます。

5.受診状況欄については、初診日からの経過がよくわかるように年月順に具体的に記載します。

  なお、医療機関に受診していない期間についても必ず記述してください。

 ※治療の必要性の有無 未受診の理由 その時の身体・精神状況 日常生活状況など

6.医療機関名については、○○病院だけでなく、△△科というように診療科名を必ず記入してください。

7.診断書等との整合性を保つ必要があります。

 病歴・就労状況等申立書は、医師が作成した診断書や受診状況等証明書と内容がずれていたら、信頼性が疑問視(おおげさ

 に誇張しても信憑性を疑われ心証を悪くする)されてしまいます。必ず、診断書などとの整合性を保ちながら記入してくだ

 さい。

 『診断書』等との整合性について留意すべき点。

 ・ 発病日、および初診日の日付は一致しているか。

 ・ 通院期間あるいは入院期間の日付に相違がないか
 ・ 診断書に記載があるのに病歴・就労状況等申立書に記入漏れがある、ということはな
いか。

 ・ 診断書に記載されている病名と病歴
 ・就労状況等申立書に記載されている病名に相違がないかなど
 

 病歴・就労状況等申立書の書き方については、こちらを参照してください。

当事務所で作成した病歴・就労状況等申立書の一例(抜粋)

【精神遅滞】

出生は正常分娩(約2,680gで出生)であったが、34カ月検診で定頸がないため、療育相談を勧められ医療機関(〇〇病院小児神経外科)を受診する。CT検査と脳波検査で脳と骨との間に隙間が生じる異常が認められ、週に一回のリハビリ通院を指示される。

生後9カ月で定頸し、110カ月頃から歩けるようになる。話し始めは、2語文が出始めたのが3歳頃で会話となると4歳頃からで、普通の子どもと比べて遅かった。

 【統合失調症】

「〇〇クリニック」を受診したところ、精神疾患(疑い)を指摘され、同日、紹介により精神科専門の「〇〇クリニック」へ転院した。同クリニックでは、統合失調症との診断を受け、精神安定剤、睡眠導入剤などを処方され、投薬治療を開始する。治療を行うも、症状の改善は見られず、自分は重大な病魔に侵され、余命いくばくもないとの声が聞こえるなどの幻聴に悩まされる。幻覚・幻聴の症状が顕著で、通院治療は困難との主治医の判断から「〇〇神経科病院」に入院することになった。

【乳がん】

 同病院の専門科を受診したところ、思いの他がんの増大が見受けられたため、すぐに切除手術を行うことは困難と診断され、まず、術前化学療法(抗がん剤治療)で、がんを少しでも縮小させることとなった。抗がん剤投与後は、吐き気、嘔吐、全身の倦怠感、虚脱感などの副作用に悩まされるも、平成〇〇年〇月〇日からパートタイム勤務から正社員登用が決まっていたため、無理を承知で勤務と治療を並行させた。

平成〇〇年〇月に左乳房切除術及び乳房再建術を受け、術後補助療法を定期的通院で受けていたが、平成〇〇年〇月〇〇日には、胸部付近の皮膚転移が見つかり、切除後、放射線治療やホルモン療法(注射と内服)を継続的に施行。

【パーキンソン病】

引き続き、同病院(神経内科)を受診し、治療を行うが、症状は段々と悪化し、処方される薬の種類も増えていった。日常生活においても、筋力低下、身体バランスの不均衡等から転倒することが多くなり、平成〇〇年秋頃から精神的疾患して幻覚、幻聴が出始め、症状を緩和させる薬を処方されている。精神的、肉体的疲労が重なり、平成〇〇年〇月〇〇日には、トイレで転倒し頭部を強打により、意識不明となり、入院を余儀なくされた。その後も症状は徐々に進行し、歩行障害が顕著となり、平成〇〇年〇〇月には、介護保険要介護認定における要介護度〇に認定され、現在も治療を継続している。

【うつ病】

同病院の専門科を受診したところ、うつ状態を呈しているとのことであり、抗うつ剤の内服を指示された。医師より、長期の治療が必要なので、あせらず治療するように言われる。通院投薬治療で、症状も改善されるときもあるが、日によっては、気分もすぐれない状態が続いた。

その後、職場では〇〇部長が退職し、社長が直に色々と仕事を依頼して来るようになった。社長のパワハラ(こちらからの意見は一切聞いてもらえず)に耐えられず、顔を合わせるのも苦痛となり、精神的な疲労から会社へ行けなくなった。私生活でも平成〇〇年〇月頃から妻とは別居状態となり、その後離婚となった。

こうした精神的苦痛が重なり、主治医の勧めもあり、休職して治療に専念する事にした。平成〇〇年〇〇月から〇カ月休職した後、平成〇〇年〇月に復職したが、会社での精神的疲労と社長との人間関係の円滑化が保てないまま、同年〇月に父が他界したこともあり、〇月から有給休暇を消化した後、同年〇月末で退職した。

 【広汎性発達障害】

幼児期から性格がおとなしく、周りの子供たちとなじめなかった。小学校に入学しても友達ができず、授業の合間も一人で過ごしていた。中学校〇年生の秋頃、体育の授業中に、突然激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった症状に見舞われ、授業を中断し、医務室で応急措置を受けた。

その後も、こうした症状が繰り返し現れ、発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになった。段々と発作の頻度も増してきたことから、不安や恐怖から、授業に出席できず、学校を休むこともあったが、中学校〇年の秋頃には、発作の頻度も少なくなり、どうにか中学校は卒業することができた。中学校卒業後、地元の高校に進学するも、発作は治まることなく、登校できなくなったため、心配した家族に連れられて医療機関を受診する。

【統合失調症】

〇〇メンタルクリニックに転院するが、幻覚妄想から興奮状態になり、家族とのトラブルも多発する。陰性症状から引きこもりがちとなり、家族の支援なくしては、日常生活も送れない。病状は一進一退を繰り返し、外来治療にて、精神安定剤等の服用を続けた。日によっては、体が重くてたまらないときもあり、意欲も減退し、不眠と不安な気持ちから、将来への希望が見いだせられず、生きる意欲を失うこともある。昼夜が逆転した生活が続き、通院以外は、外出することもなく、自室に閉じこもった状態であった。

【アスペルガー症候群】

○○後すぐに、睡眠障害が顕在化するとともに、人と関わることの恐怖心等から外へ出られなくなり、自閉的な生活を送るようになる。心配した両親に促され、近医を受診したところ、〇〇病院を紹介される。同病院で、発達障害との診断を受ける。睡眠導入剤、精神安定剤などを処方され、同時に〇〇発達支援センターでのカウンセリングを開始する。〇〇歳で職業訓練の一環として、ジョブコーチ職業訓練を受講し、〇〇に臨時職員として勤務を始めるが、内向的な性格から人間関係が築けず、職場の雰囲気に慣れる間もなく、約1カ月で退職を余儀なくされる。

【ギラン・バレー症候群】

バセドウ病の治療のため、定期的な通院により小康状態を保っていたが、足に力が入らないなり、段々と足の震え、しびれを自覚し、徐々に歩行することも困難となった。その他にも、顔の筋肉がまひする、食べ物が飲み込みにくい、声が出にくいなどの症状が発症し、〇〇病院では、難病のギラン・バレー症候群であるとの診断を受け、約〇カ月間入院治療を行う。

【頸部後縦靭帯骨化症】

 仕事中(建設現場作業)に両足が重い、足がもつれるなどの症状が現れ、次第に下肢の痛みを感じるようになった。仕事の疲れからの症状と思い込み、市販の鎮痛剤を飲んで、様子を見ていたが、一向に症状が改善されなく段々と症状が悪化する。そして、突然階段を昇ることができなくなり、その場に倒れてしまった。異常を感じた職場の同僚に付き添われて、医療機関を受診する。